AGAとは、男性ホルモンによる脱毛症のこと

AGAといえば、男性にはちょっと嫌な言葉ともいえる、男性の薄毛のことをいいます。

薄毛ってどういうことかといえば、髪の毛がほわほわで良くなってしまって、全体的に髪が薄くなって見える症状のことをいいます。

AGAっていうのは、男性ホルモンによる脱毛症のことをいい、男性の薄毛の症状は多くこのAGAを差します。

思春期を過ぎた辺りでぐんと男性ホルモンが増えたりすることとAGAの発症は大きく関係してきます。

血液の中を通って体内へ届く男性ホルモンは頭皮の毛細血管に回ります。

毛母細胞に到着した時に酵素によってジヒドロテストステロンに形を変えると、このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の中に入り、毛母細胞へ脱毛の指令を出します。

生えて来た髪の毛はジヒドロテストステロンによって成長を止められ、生え始めの弱い毛のまま抜け落ちてしまいます。

通常は古い毛が落ち新しい毛が育つ早期、成長する成長期、毛が太くて丈夫になる後期、成長の止まる休止期、そして早期へというヘアサイクルになりますが、AGAの場合は成長期で髪の生育が止まり、後期と休止期の期間がほとんど無くなってしまいます。

当然ながら髪は薄毛の状態になり、AGAの場合は、おでこの部分が禿げ上がってくるタイプ、つむじ周辺が薄くなってくるタイプ、左右の耳の後ろ辺りが薄くなってくるタイプにわかれ、進行していきます。

AGAは治療をすることで、その進行を止めることができます。

『詳細』http://www.humboldthomemademeals.com/